人気のフェイスリフトの効果

施術後のダウンタイム

しかし今回の施術に関しては筋肉と筋膜も引き上げているので、退院時には消毒を術直後と一週間後に行うために来院することが大切です。
また経過を見るためにも一カ月後の検診も受ける必要があります。
ダウンタイムに関しては、腫れは2〜3日ほどすれば他の人から見てもほとんどわからないほどに落ち着きます。
そのため施術当日と翌日が休めるように休暇を調節するようにしました。
3日後からは仕事にも問題なく行くことができて、周りからも特に何もいわれなかったので良かったです。
年齢と共に目立ちやすくなってくる顔のたるみですが、自分で行うフェイスマッサージやエステサロンでのお手入れにも限度があり、加齢と共に垂れ下がってくるフェイスラインやほうれい線周辺などは早めに対策をしないとどんどんたるみが悪化してしまうことに悩んでいました。
そこで美容外科で受けることができるフェイスリフトなら、顔の周囲にあるたるんでしまった皮膚を取り除くことで、顔全体をリフトアップすることができる効果が期待できると知り、美容効果も顔全体から頬やフェイスライン、顎といったピンポイントのケアにも適しているので、ケアを受けることに決めました。
ただ施術を受ける上で重要だと感じたのが、信頼のおける美容外科クリニックを探すことにありました。
フェイスリフトは様々な方法があり、クリニックによって採用している施術方法が異なります。

フェイスラインやほうれい線は早めの対処が吉 | 施術後のダウンタイム | 気軽にフェイスリフトができる

フェイスリフト | 老け顔の原因・たるみ